行政書士の難易度について

行政書士の難易度を理解する事は非常に重要です。
何故なら、行政書士の難易度をしっかりと理解しなければ、
間違った勉強をする恐れがあるからです。
必ずこれから解説することをしっかりと読んで下さい。

それでは、はじめに行政書士の合格率を見てみましょう!

平成16年度 5.33%
平成17年度 2.62%
平成18年度 4.79%
平成19年度 8.64%
平成20年度 6.47%
平成21年度 9.05%
平成22年度 6.60%

上記の合格率を見れば、行政書士はいかに難易度の高い試験か一目両全です。
平成17年度の合格率は、わずか2%台です。

この試験は普通に勉強していてはとても合格できないので、
ライバル達よりも効率的にそしてより優れた講義やテキストなどを使って
勉強していかなくては合格できないとおわかりになると思います。

しかし、行政書士の試験は、確かに合格率は低いですが、
初心者でも合格する可能性は十分にあります。

何故なら、行政書士の試験は、試験対策をしっかりとしてくる受験生が意外と少ないので、
合格率ほど難易度の高い試験ではないからです。
仮に行政書士の受験生が皆必死に勉強すればとても初心者では合格できませんが、
そうではないので、あなたの努力次第で、1発合格も可能です。

重要なのは、正しい教材を使い、効率的な勉強法を続けていけるかです。
多くの方は、テキストだけの勉強や非効率な勉強、
もしくは途中で挫折してしまうから 不合格になります。

後は、あなたがこのサイトで説明したことを理解して、実行できるかです。

確かに行政書士は難易度の高い試験ですが、
決して合格できない試験ではないので、最後まで諦めず勉強を続けてください。
そうすれば、合格の道も開けてきます。