行政書士の勉強法

行政書士に合格するためには、どのような勉強をしていけば良いのか
わからない方もいると思います。

しかし、大雑把にいってしまえば、行政書士の勉強法は非常にシンプルです。

皆さんが行う勉強法は、
1、基礎知識を身に付ける
2、過去問を解く
3、模擬試験を受けるか、オリジナ問題集を解く
だけです。

もちろん、通信教育や通学講座で学ぶ、 戦略的な勉強となるとなる
緻密なカリキュラムになります。

例えば、基礎知識を効率的に覚えるポイントや過去問を解く際に必ず
やらなければいけないことなどです。

しかし、そのためにはあなたの現在のレベルによっても変わりますし、
何より通信教育や通学講座を受講しなければなりません。

行政書士を独学で勉強する方にそれを求めても無理なので、
最低でも上記の3つの流れだけは覚えといて下さい。

その時に絶対に覚えていてほしいのは、アウトプットを中心とした勉強をすることです。
アウトプットとは実践、つまり問題を解くということです。

これは、不合格になる人にありがちな勉強ですが、
知識をインプットすることだけに一生懸命になり、
アウトプットする数が非常に少ないと感じます。

やはり、一度覚えた知識を定着させるためには、
様々な関連問題を解き、頭に叩き込むしかありません。

イメージとしては、知識のインプットが3なら、アウトプットは7と言った感じです。
それくらいで丁度良いと思います。

行政書士は、覚えなくてはいけない知識が多いのは確かですが、
あれもこれも覚えようとしてしまえば、結局何も覚えられない状態になります。

それよりも少ない知識でも確実に覚えた方が、結果的に合格に近づきます。
その方法が、アウトプットを中心とした行政書士の勉強法なのです。

ここで話したことは非常に重要なことですので、しっかりと頭に叩き込んでください。
特に独学で勉強する方は、絶対に必要です。

今はあまり実感がわかないと思いますが、
とにかくあまり深く考えず、行政書士はアウトプット中心の勉強をすると
覚えておけば良いでしょう!