良いテキストだけでは行政書士に合格出来ません。

行政書士に合格するために絶対に理解しなければいけないことがあります。
それは、良いテキストそして問題集だけでは合格できないということです。
必ず講義も用意してください。
この講義を用意していないことが、行政書士に合格できない大きな要因となっているのです。

そもそも、 行政書士のような難解な法律の解釈や用語を
テキストだけで理解しようとすること事態無理があります。

理解できる人というのは、勉強ができるごく一部の方だけで、
多くの方は、テキストの内容をわかりやすく解説してもらわなければ、 挫折してしまいます。

皆さんも考えて見て下さい。
例えば、学生時代受験勉強する時は、塾や家庭教師を利用して勉強していたと思います。
ですが、書店へ行けば様々な参考書やテキストなどが売っています。
それでも、塾や家庭教師を利用しているのです。

それは何故でしょうか?

答えは簡単ですね!
一人じゃとても合格できないから、プロの講師の力が必要なのです。

資格の勉強だって同じ事が言えます。
特に行政書士は、合格率が1桁台の難易度の高い試験です。
悪い時なら、約3%の時だってあります。

それを講義も聴かずにテキストと問題集だけで合格できるでしょうか!
多分難しいと思います。

ですから、これから行政書士の勉強をするあなたは、
「テキスト・問題集・講義」の3種の神器が最低限必要になってきます。

しかし、講義を用意するとなると、学校に行かなくてはいけないのかと 勘違いする人がいます。

でも、今は通信教育を利用すれば、安い費用で講義が使用できるDVDが用意され、
しかもテキスト、問題集も付いています。

ここで、このように言ってしまえば、テキストを購入する必要がなくなりますが、
この現状をしっかりと理解しなければ、行政書士に合格できないと思います。

皆さんの目的は、良い行政書士のテキストを購入することではなく、
行政書士に合格することだと覚えておいて下さい。