市販されている行政書士テキストの真実!

多くの方は、市販されている行政書士テキストの本来の目的を 理解していないと思いますので、その事について解説していきます。

予め答えを申し上げると、市販される行政書士のテキストは、
合格させることではなく、学校に通学してもらう宣伝を目的としています。

というのも、市販されているテキストというのは、
何処かの学校もしくは講師が書いています。

しかし、本来ならすでに各学校にはテキストがあり、わざわざ新しく作る必要はありません。
それに資格系の本というのは、それほど売れるものではないので、
印税もないに等しいくらいです。
それでも時間と手間をかけて作るのは、学校の宣伝をしたいからなのです。

ということは、行政書士のテキストの内容はどうなるでしょうか?

答えは簡単で、合格させる内容になっていないということです。

何故なら、わずか数千円のテキストで合格されてしまえば、
学校経営が成り立たなくなりますし、仮に合格できる内容になっていたとしても、
独学では合格できないとわかっているのです。

これが市販されている行政書士テキストの真実です。

しかし、それでも行政書士に合格しなければいけませんし、
実際に合格している人もいます。

ではどうやって合格しているのかというと、
様々なテキストや参考書を組み合わせて、お互いに足りないところを補うか、
もしくは合格する人は、何かしらの法律の知識がある人です。

勘違いしないでほしいのは、高いお金を払って通学すれと言っているわけではありません。
市販されている行政書士のテキストに過度の期待をするなと言いたいのです。

多分、皆さんは行政書士に合格できるテキストを探すために
このサイトに訪れたのだと思います。

しかし、そのようなテキストと言うのは中々ありません。

まずは一つのテキストを完璧にして、それでも足りないところを他のテキストや参考書で
補うくらいの余裕を持て下さい。

学校といえども、利益を追求する営利団体ですので、
ここで説明したことは仕方のないことです。