行政書士テキストのおすすめ

ここでは、どういった行政書士のテキストがおすすめなのか紹介していきます。
ただ、理解してほしいのはあくまでも市販されているレベルでということです。

このサイトでも一度説明しているように、市販されているテキストには限界があります。
それを踏まえた上で参考にして下さい。

●うかる! 行政書士 総合テキスト
比較的わかりやすく書かれていて、初心者でも理解しやすいと思います。
ただ、科目によっては内容が薄いところもあり、六法や過去問で補う必要があります。

●出る順行政書士 合格基本書
内容が濃く、非常に詳しく書かれています。
しかし、初心者には少しボリュームが多すぎるとも感じます。
ある程度知識がある方にはオススメできるテキストです。

●U-CANの行政書士速習レッスン
まさに初心者用のテキストです。内容もわかりやすく、各項目のポイントを抑えています。
ただ、書かれていない知識も多く、ある程度のレベルの方には少し物足りないと思います。

●うかるぞ行政書士
このテキストも初心者には良いと思います。
理解しにくい法律も丁寧に解説され、内容も無駄なくまとまっている方だと思います。
ただ、このテキストだけで完結するのは難しいので、 六法は確実に必要になります。

●らくらく行政書士 講義そのまんま。
行政書士とはどのような学習をするのかイメージを掴むためには良いテキストだと思います。
ただ、条文が記載されていない事や重要度のフォーカスの充て方が いまいちだと思います。
このテキストは初心者用です。

以上が、行政書のテキストのおすすめです。
ですが、ここで解説した事はあくまでも私の個人的な意見なので、
気になったテキストは、書店へ行き内容を確認して下さい。

また、冒頭でも説明したように、あくまでも市販テキストなので、
過度の期待はしないほうが良いと思います。

続き>>独学について